阪崎先生 薬膳アドバイザー資格講座 

10/4(土)・5(日)

阪崎先生による、薬膳アドバイザー資格講座が行われました。

開催場所は二転三転し、

最終的に、街の喧騒から離れた秋保の自然に囲まれた場所で行いました。

道端や店先で、普段目にすることの少ない食材にも出会えました。

 

DSC_0422  DSC_0425

 

薬膳は、特別な食材を使って作られた食事のみだと難しく考えすぎた私としては、

眼から鱗のような内容の講義でした。

テキストでいただいた食べ物辞典なるものは、とっても便利、かつためになる内容ばかりで、

日々の食材選びや食事の際に大活躍です!

自分の元々の体質、季節ごとの体調、その日やその時の体調を見極め、

自分に足りないものや必要なものを考え、摂取することは、忙しい現代の生活を生き抜くために必要不可欠だと感じました。

何より、楽しいです!

 

同じ人間はふたりといない。しかし、自分も常に一定ではない。

自分と向き合い、相手と向き合い、お互いを大切にする。

ひとは、日々の食事から。

当たり前に毎日行っていることの積み重ねで私たちはこうして生きている。

だからこそ、その毎日行っていることこそを怠らないで丁寧にしていこう。

そのように思い直せた、講義でした。

 

阪崎先生の笑顔と軽快なトークで、2日間があっという間でした。

最初はとっつきにくい印象だった薬膳をもっと勉強したいと思えるのは、薬膳の奥深さに加え、

阪崎先生の人柄に他ならないです。

阪崎先生がおっしゃったように、

”薬膳は薬膳。VeganはVegan。RawFoodはRawFood。”と枠に当てはめ過ぎず、

それぞれのいいとこどりをして、日々の生活に取り入れていきたいものです。

 

20141005_173402

 

阪崎先生、有難うございました。

ご参加された皆様、お疲れ様でした。

試験がございますので、先ずはその際、またよろしくお願いいたします。

 

20141005_181834

Comments are closed.

Post Navigation